1

今は小さい子どものように、毎朝目が覚めるのが楽しみです。 「今日はどんな楽しいことがあるんやろ」といつもポジティブで、ハッピーだからです。Mさんからのヒーリング体験談


ヒーリング体験談

今は小さい子どものように、毎朝目が覚めるのが楽しみです。 「今日はどんな楽しいことがあるんやろ」といつもポジティブで、ハッピーだからです。

以前の「仕事行かなあかん」といやいやベッドから出ていた人生とは180度真逆ですね。

【大阪府 Mさん】

私がヒーリングに興味を持ったきっかけはタロットでした。前から占いに興味があり、「自分で占いができたらいいやろうなあ」とは思っていました。
とは言え霊感とかはよくわからないし、そもそもそんなものを感じたこともないので、タロットだったらできるかな?と少し調べてみました。

でもタロットって難しいんですよ。カードがたくさんあって、そのすべての意味はとてもじゃないけれども覚えきれません。
これは無理やと思ってそのままにしていたのですが、たまたま家の近くで誰にでもできるタロット体験会があるというので、
2016年の1月に「ちょっとのぞいてみようかな」くらいの軽い気持ちで参加してみました。タロット占い
そのタロットというのは、カードは22枚だけで、しかもカードの端に意味が書いてありました。
オリジナルのものだそうですが、これなら面倒くさくないな、とやってみたところ、やはりそれなりに気持ちが出ましたね。
自分でも「ああ、そうか。私、こんな風に思ってたんだ」と気づくことがありました。

私は看護師という安定的な仕事を持ち、子どもも成人しており、家族仲も普通。特に悩みがあるとは考えていなかったのですが、
実は職場への不満や将来への漠然とした不安を持っていたんですね。看護師は、精神的にも肉体的にもハードな仕事です。
年齢のこともあり、「私はいつまで続けられるんやろ?もし看護師ができなくなったら何をしたらいいんやろ?」という気持ちは
いつも心の奥底にあったのだと思います。でも、生活のこともあるし、仕事がいやでも「辞める」という考えはまったく浮かばず、
「こんなもんなんやろうな」と自分で自分の本当の気持ちをごまかしてきたのかもしれません。ph_85802
「あ、こんなふうにタロットってわかるんや」と面白さは感じたのですが、
その時、一緒に参加していた先輩方が不思議なことを言っているのです。ph_51662 「私、カードが光って見えんねん」
「なんか縁取りみたいのがあるわ」
「模様の蝶が浮き上がんねん」vi_85620
でも、どれだけ目を皿のようにして見ても、私には何も見えませんでした。
すると、帰りの電車で一緒になったTさんから「ヒーリングやってみたら?」と勧められました。
それこそタロットよりもっと私には遠い世界の話でしたが、Tさんはもう7年近く続けていらっしゃるということなので、
タロットでピンとくるものがあった私は「ものは試し」とその年の11月からヒーリング・サイエンス初級講座に参加しました。手 赤
講座では私にも実践できるようなことをとてもわかりやすく教えてもらいました。
たとえば、呼吸法などはさっそく夜寝るときに試していたのですが、やがてしびれるというか、
何とも言いようがない心地いい感覚がわかってきました。

「なんかテンションが上がるなあ」「少し楽になったかな」くらいの漠然とした気持ちでしたが、
なんだかんだで2ヶ月の講座を終えた後もヒーリングは続けていました。翌年の3月の初旬頃だったでしょうか。2
夜眠っている時に、「4月1日は気をつけろ」という声が聞こえたのです。それは全く聞き覚えのない声でした。
その時は「寝ぼけたんやな」とそのまま忘れていたのですが、月の終わりの頃です。また夢うつつの状態の時、声が聞こえてきました。

しかも「だから4月1日は気をつけろって言ったやろ!」と今度は強い調子で怒られたのです。
私は「わかりました。4月1日のところに○をつけておきます!」と飛び起き、実際にカレンダーに印をつけました。

そしていよいよ4月1日。その日は夜勤明けでしたが、帰宅の道のりもいつもよりゆっくり、安全運転で帰り、
息子にも「気をつけなさいよ」と口を酸っぱくして言っていたので、息子も慎重に行動していたようです。
結局その日は何も起きませんでした。そのまま無視していたらどうなっていたのかは知る由もありませんが、
何もなく家族が無事に一日を過ごせたのはありがたいことです。3
さらにそれから半年ほど過ぎた9月頃、またうとうととしているとき、見知らぬ男性の声が聞こえました。
今度は「6月から」とはっきり聞こえたのです。前のことがありますから、私は「6月ですか?」とその声に問いかけましたが、
返事はありませんでした。その後、「何が6月なんだろう」とずっと考えていたのですが、ふと思い当たることがありました。

私はずっと看護師をしていますが、この仕事が好きでやっているというわけではありませんでした。
どんな職場でも同じだとは思いますが、気が合わないなど人間関係の悩みもそれなりにありましたし、それだけでなく、
肉体的にも年々夜勤がきつくなってきたり、ハードな部分が多く、いつまで今のペースで続けられるか不安、いえ、
正直に言えば毎朝出勤する前は「行きたくないなあ」と感じ、「定年になったらたこ焼き屋でもやろうかなあ」くらいのことは考えていました。

ph_51660
もちろん経済的な理由から辞めるなんて考えてはいませんでしたが、そこでふと閃いたのです。

「看護師を続けながら何か別のこともやってみたい」と。こんなこと、ヒーリングを始めなかったら絶対に思いつかなかったでしょうね。
でも、いざ何かを始めようと思っても、看護師以外の職業についたこともないし、自分に何ができるのか、
自分が何に向いているのか見当がつきませんでした。

そんな時家の近所に喫茶店の空き店舗があるのを偶然みつけ、
本当に思いつき半分、興味本位半分で不動産屋に「家賃はどのくらいですか?」と尋ねてみたのです。

この頃にはヒーリングの成果でしょうか、前よりもタロットをする時の感覚が鋭敏になっているのを感じていたので、占ってみました。
すると「塔」のカードが出ました。これは「トラブル」を暗示するカードです。vi_85623
「何かあるんやろか?」と思いながら不動産屋からの返事を待っていたら、
果たして「大家さんから連絡があって、消防の許可が降りないから店舗としては貸せないかもしれない」と言われたのです。
「ああ、これのことやな」と納得しました。

結果的にそこで喫茶店をすることはありませんでしたが、
それまで漠然としていた「何かしたい」というもやもやとした気持ちにはっきりとした方向性ができました。
人生に起きることって、つながっていないようでつながっているものなのですね。

3月に今度は別のテナント募集を見つけました。しかしそこは2階部分が住居になっていて、1、2階まとめてという話でした。
私は別に住居はありますから「住居部分はいらんし、その分家賃も高くなるから無理やわ」と一度は断り、
またタロットで占ってみました。

すると今度は「譲り合えばうまくいく」という結果が出ました。
「あれ?」と思っていたら、不動産屋から「2階はリノベーションして事務所として別に貸すから、
1階部分だけどうですか?」という連絡が来たのです。1
物件ってこんな風に決まるものなのですね。でも看護師の仕事もありますから、すぐに始めるというわけにはいきません。
第一その物件は古くてボロボロで、改修する必要がありました。
もちろん私はまったくの素人ですが、「明るいイメージで」とか「入りやすい感じにしてください」と話すと、
不思議なくらい私の願ったようなお店になっていくのです。不動産屋からは4 月にできると言われていたので、

「あれ、6月ちゃうやん」とは思ったのですが、頼んでいた工務店の方が別の現場で怪我をして入院することになったり、
並び店舗なので昼間は工事ができなかったりで工程が遅れ、結局出来上がったのは5月でした。
さらにそこから設備の運び入れなどもしなければなりませんでしたし、正直仕事をしながらなので疲れてきたので、
「まあのんびり準備すればいいか」と構えていました。

ところがこの長い工期も、吉と出たのです。ずっと工事をしていたら、近所の人が「何ができるの?」「いつから開くの?」と
ちょくちょく尋ねてくれるようになりました。皆さん「あのボロボロだった店がどうなるか、楽しみやわ」と
オープンを待ち望んでくれるようになったのですから、無料で宣伝をしていたようなものですね(笑)。

すべての準備が整い、オープンしたのは6月。あの声の言ったとおりです。2
ヒーリングを始めて以来、私自身が何か努力をして成し遂げるというわけではなく、
なぜか自分を取り巻く環境が勝手にいい方に転がってくれることが多くなりました。店の開店が遅れたのもそうですし、
開店の際には不動産屋から「ダイレクトメールを出して近所の人に宣伝したほうがいい」と言われたのですが、
準備で疲れも溜まっていたし、なぜか気分が乗らず、それはしませんでした。

それも大正解。店には私一人ですから、いきなりたくさんの方に来ていただいても、
十分に回すことができず、店の「逆宣伝」になってしまったのではないかと思うのです。

「口コミでお客さんが来てくれたらいいな」くらいに考えていたのですが、近所に女性の多い会社があり、
そこの方がランチにほぼ常連のように来てくださいますし、もちろんオープン前から楽しみにしていてくれた近所の方も来てくれます。

看護師の仕事も続けていますから、お店はそちらのシフトに合わせて開けています。
お店のカレンダーに営業予定日を書いているのですが、みなさんそれを写メに撮って合わせて来てくださいます。
お客様の都合にお店が合わせるのではなく、お店の都合にお客様が合わせてくれるのですから、
こんなにありがたいことはないですよね。こんなお店あります(笑)?

download-3
うまく回るようになったのは、本業も同様です。気が合わなかったり、
「あの人がいるから仕事に行きたくないな」と感じていたような人がなぜか辞めたり転属になったりしていなくなり、
新しく配属された人は、「実は前から優しそうな人だな、とあなたのことを見ていて、一緒に働きたいと思ってました!」と言ってくれたのです。

職場の空気はガラッと一変し、毎朝「行きたくないなあ」と思っていたのに、
今は仕事が楽しくてたまりません。それだけでなく、自分ですべてをしなければならない自営業を始めてみると、
助けてくれる仲間がいるということが素晴らしいことだと改めて実感しました。download-1
たとえば白衣もクリーニングに出せば、誰かが洗ってくれる。これって実はすごくありがたいことだったんですね。
毎日毎日が感謝の連続です。そうなると、これまで人の短所ばかりが目について文句やぐちばかりを言っていたのが、長所しか見えなくなるのです。
不思議なものですね。

「ダブルワークは大変やろ?」と心配してくれる人もいますが、これが全然きつくありません。
一人で働く喫茶店と、チームワークの病院を掛け持ちすることで、自分の中でバランスがちょうど良く、
もちろん肉体的な疲労はありますが、毎晩よく眠れるので、一晩寝ればたいていの疲れはとれてしまいます。download-2
なんだか高校時代に戻ったようです(笑)。

心がしんどくないから、身体も楽なのでしょう。生きていれば小さなトラブルは当然ありますが、
「何とかなるさ」「時間が解決してくれるやろ」とまったく引きずりません。vi_66703
最近はお店で一回500円でタロット占いも始め、お陰様で「よく当たる」と言ってもらっています。
ヒーリングを始めて以来、カードを引くのに迷いがなくなりました。いつの間にか私にもカードに縁が見えたり、
蝶が浮き上がって見えたりするようになったのです。

そう言えば先日、うとうと寝ていたら「お母さん見て見て」というペットの犬の声を聞きました。
はっと起きて見たら、犬も私の枕元で寝ていて、何やら夢を見て寝言を言っています。
その子は私が帰宅したらお気に入りのおもちゃを玄関まで持ってきて見せるのが大好きなので、
そんな楽しい夢をみていたのかもしれません。犬も私も眠っていたので、何か通じたのかもしれませんね。1
今は小さい子どものように、毎朝目が覚めるのが楽しみです。
「今日はどんな楽しいことがあるんやろ」といつもポジティブで、ハッピーだからです。

以前の「仕事行かなあかん」といやいやベッドから出ていた人生とは180度真逆ですね。
「将来の夢は?」と尋ねられたときには、特に思いつきませんでした。それは私に夢がないのではなく、
今が「こんなに幸せでいいのかしら?」と思うくらい幸せなので、
「ずっとこのままハッピーに生きていくこと」が私の夢だからです。

この先まだまだ人生は続いていくと思いますが、
「何があっても、まあやっていけるやろ」という不思議な自信があります。

周囲からも「顔が変わったね」「柔らかくなったね」と言われることも多くあり、
ずっと今の私でいたい、そう思うくらい今の私は自分自身が大好きなのです。ph_51652

Mさん、お話をありがとうございました。ヒーリングでMさんはどんどん変化され、Mさんの周りには人がいっぱいです。感謝や感動はチカラになり、物事が動き出すのです。ヒーリングでは、感動部分と決意覚悟部分を鍛えることも行いますが、確かにMさんが、ちょうど不動産のお話をされ喫茶店をすることが決まった頃、身体の下腹部にある決意覚悟部分のチカラがとても強いことを感じました。

Mさん、これからも益々のご活躍を期待しています。ご縁に感謝です。

ヒーリングってなんだろう?とご興味をお持ち下さった方には体験会を開催しています。

ヒーリング・サエインス体験セミナー開催中

日本で一番かんたんなタロット入門セミナー開催中